« 赤と黒 | トップページ | 大反省会その1 »

2009.06.07

ナビエストークス

調教で併せたロッシェノワールが強い勝ち方をしたので
ほんのり期待してましたが・・・

<6/7付 キャロットCより>
7日の東京競馬では中団の位置から外を回って進出していき、直線入り口では先頭に並びかける勢いも、ラストは踏ん張り切れず9着。

「スローだったのでちょっと前にポジションを取ろうと思って気合いをつけたら、外枠で前に壁がなかったのもあって、行きたがってしまいました。前に行った馬が2着に残っていますし、それでももう少し粘れると思いましたが、久々の分もあったかもしれません。最後は頭を上げて走っていたようにまだ若さが残っていますし、一度使って良化が望めそうですよ」(北村宏騎手)

「いいスピードを持っている馬ですが、今日は気分良く行きすぎましたね。休み明けだった上、帰厩してからあまり間もなかったので、1回使ったことで良くなってくると思います。節の関係もあるので、この後はいったん山元に出す予定ですが、暖かくなってきて体もいい具合に締まってくるでしょうし、しっかり調整を行ってもらって、次は決めたいと思います。次走は新潟のマイルあたりか、より持ち味を活かすために内回りの1400mも考えています」(古賀慎師)

最後は息切れしてしまいましたが、久々の出走ながらもいいスピードを見せてくれました。今後は山元トレセンへ放牧に出し、2回新潟開催あたりでの復帰を目標にしていきます。

*****************************

落馬競走中止の影響が無いか心配でしたが、
休み明けの典型的なものくらいで一安心。
昨日の勝浦JKじゃないけど、
府中で3コーナーから捲って行けば、
最後止まるのは当然ですよね(;´∀`)

掲示版ならそのまま続戦だったんでしょうけど・・・。
やみくもに使わずきっちり狙ってレースに出す姿勢は
非常に好感が持てます。

|
|

« 赤と黒 | トップページ | 大反省会その1 »

キャロットC出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤と黒 | トップページ | 大反省会その1 »