« かき揚げ丼 | トップページ | ライツェント »

2009.05.06

ヴィヴルヴォン

Vive

<4/15付 NF早来在厩>
屋外周回コースでダクと軽めのキャンター1600mを行っています。太め感のあった馬体は継続して乗り込むことで徐々にすっきりしてきました。物見をするところがあるように気性面にはまだ幼さがあり、成長が待たれるところではありますが、乗り味のよさやバネのある走りなど、徐々に本馬のよさが出てきた感があります。気性や体型から急いで仕上げていくタイプの馬ではないと考えているので、今後も馬本位にじっくり乗り進めていくことになるでしょう。
馬体重:476kg

<4/23付 NF早来在厩>
23日に行われた第一回産地馬体検査に受検し、美浦の古賀慎明厩舎と預託契約を交わしました。

<4/30付 NF早来在厩>
屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2000mを行っています。継続して乗り込むことで調教中の物見は減ってきましたが、まだ歩様は完全にはしっかりと見せません。今後も当面の間は周回主体のメニュー構成でしっかりと力をつけていくことにします。
(キャロットCより)

******************************

まず去年までは一切触れられていなかった部分、
産地馬体検査を受けた馬達の報告。
受けたからって特に何がどうこうって訳でもありませんが、
仮にも1口が金融商品ファンド扱いである以上、
厩舎との預託契約を正式に交わした旨を伝えるのは当然のこと。
全ての企業で業種でコンプライアンスが叫ばれる中、
本当に些細なことですが、良い傾向だと思います。

馬の方ですが、相変わらず子供っぽい身体つきですね(;´∀`)
まだ脚元も完全じゃないみたいですし、
ゆっくりでいいんじゃないかな?

|
|

« かき揚げ丼 | トップページ | ライツェント »

キャロットC出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かき揚げ丼 | トップページ | ライツェント »